無人契約機の特徴を知ろう

消費者金融の申込方法の中で、特徴的なものが「無人契約機」を利用する方法です。
銀行などの他の金融機関では、申込可能な無人契約機はあまり見られません。
「自動契約機」とも呼ばれており、非常に手軽に申込を行うことができるとあって、人気の高い申込方法になっています。
その名の通り、消費者金融の申込から契約までを、担当者と直接顔を合わすことなく完了することができます。
日本の無人契約機の始まりは1993年に「アコム」が設置した「むじんくん」であるといわれています。
ちなみに「むじんくん」の「むじん」は「無人」ではなく「無尽」からきています。
技術的には、テレビ電話的な通信回線を利用したシステムで構成されており、複数のテレビカメラが室内に設置されています。
室内はたしかに「無人」なのですが、申込者の表情、服装、姿などはきちんとモニタリングされています。
挙動不審な行動を行うと、審査面で不利になるだけでなく、その場から警察などに通報されることもありますので注意しましょう。
あまり身軽な服装なども審査に対する影響を考えると、あまりおすすめできません。
申込はタッチパネル操作で簡単に行うことができます。
申込や操作上の不明点などは、内部にある専用電話で担当者に問い合わせることができますので、安心して申込を行いましょう。
本人確認書類や収入証明書類などの必要書類もスキャンやファクシミリを利用できるようになっています。
申込が完了すると、審査が開始されます。
回答時間は早くて30分程度、結果を了承すると契約書が機械から排出されますので、必要項目を記載します。
記載完了後、再度機械に投入して専用カードを受け取ると、その脇などに設置されているATMやCDで現金を引き出すことができます。
早ければ申込を行ったその日に融資金を受け取ることも十分可能でしょう。
また申込から審査までをインターネットで完了させ、審査結果を持って無人契約機で契約を完了させることもできます。
自宅に居ながら申込を行い、審査結果が出るまで無人契約機の中で待つ必要がありませんので、有益的な時間の使い方ができるでしょう。
インターネットからの申込は、融資金を指定した金融機関に振り込む形しかできないと考えている方も多いのではないでしょうか。
無人契約機を併用して活用することで、非常に素早く融資金を受け取ることも可能になっています。
無人契約機は、消費者金融の一つの特徴です。
狭いスペースでも設置でき、人件費もかからないことから、多くの消費者金融で導入されています。
主要駅のターミナルには、出口毎に複数の無人契約機が設置されている所もあります。
また主要幹線道路には、駐車場が完備された無人契約機を多く見かけることができます。
消費者金融を利用するのに、誰かと顔を合わせることにためらいを感じる方も多いでしょう。
手軽に申込ができる点と合わせて、有効な申込方法として確立していますので、ぜひ活用してみてはどうでしょうか。